重機を売る際に準備しておくもの|トラックの査定基準を知って査定価格を少しでもあげよう
重機net

重機net

重機を売却する際の便利な情報を知っておこう

重機を売る際に準備しておくもの

模型

耐用年数を知る

重機は長年活躍してきたものでも、いつかは必ず寿命がやってきます。そのため、売却を考えている際は買取金額にも関係してくるため、耐用年数を事前に知っておくことが大切です。耐用年数は簡単に説明すると、減価の対象になる期間を表しています。

好印象が大事

それでは、重機の査定額を少しでも上げるために大事なポイントをおさえておきましょう。まずは何はともあれ、重機をキレイな状態にしておくことです。土など目立つ汚れは印象を下げてしまう可能性があります。出来る範囲で良いので清掃することが大事です。

付属品を忘れずに

販売する際は、付属品なども忘れずに渡すことをおすすめします。まとめて準備をしておくだけで、業者の方もスムーズに査定できます。また付属品の有無だけで、査定額も上がることが期待出来ます。

記録簿を持っていこう

不要になった重機を買取に出す場合は、書類や取り扱い説明書などはまとめておくことを勧めます。定期点検記録簿は、売却する重機の日々のケアを確認することが出来るので査定の際に把握しやすく便利です。

建設でよく使われている重機

no.1

ブルドーザー

とても大きい車体と、目を引くカラーが印象的なブルドーザーは建設現場などでよく見かける重機といっていいでしょう。大量の土砂を押し出してくれるので、大切な役割を果たしています。

no.2

スクレープドーザー

ローラーのようなタイヤでゆっくり移動しているところが特徴的な重機のスクレープドーザーは、整っていない状態の土を平面にする為に必要とされています。特殊なカッターで地面を均一な平らにすることを得意としています。

no.3

ミニショベル

活躍の幅が広いことから、中古業界でも人気が高いミニショベルは人気の重機といえます。主に掘ることを得意としていますが、木造の建物なら解体をすることも可能です。狭い所で活躍が出来るところも利点です。

広告募集中