ダンプの種類を知ろう|トラックの査定基準を知って査定価格を少しでもあげよう
重機net

重機net

奥が深いダンプには種類によってさまざまな働きをしている

ダンプの種類を知ろう

ダンプカー

軽くて量の多いもの向き

ダンプにもさまざまな種類があります。それぞれの種類によって、違う役割を果たしています。まずは深ダンプについて説明していきましょう。深ダンプは大量の落ち葉や、ゴミなど、いわゆる軽いけど量が多くてかさばるものを運ぶ役割をしています。

シェア率が高い

日本のあらゆる場面で活躍を見せるリアダンプの大きな特徴は、規定の積載量であればなんでも運べることから人気の高いものとなっています。真後ろの荷台に運ぶものを積んで、その荷台が傾くので効率良くおろすことが出来ます。シェア率が高いものなので、中古ダンプとしても買取価格は期待できるでしょう。

得意分野を活かしている

こちらはリアダンプと違って、片方の荷台が傾くバージョンがサイドダンプです。役割はきちんと分かれていて、狭い場所や限られた空間での作業を得意としています。わかりやすく表すと、道路の工事作業などで主に使用されています。

自由自在に傾ける

上記の2つの両方の利点を活かしたダンプが、三転ダンプです。その名からも想像出来るように、荷台が左右自在、後ろにも傾けられるところが最大の特徴でしょう。大きな積載で、排出しづらいものでも出しやすいです。

こぼれにくい

工事現場や建設の現場などで活躍する以外でも、農作業で活躍するダンプは存在します。流動物などを運ぶことを得意としていて、動物の餌や肥料を運ぶさいにもこぼれにくので便利なものです。また、除雪作業でも活躍を見せてくれます。

広告募集中