中古ダンプについて知る|トラックの査定基準を知って査定価格を少しでもあげよう
重機net

重機net

ダンプカーの特徴や魅力を知って高く買ってもらおう

中古ダンプについて知る

ダンプカー

幅広い業界で活躍する

ダンプカーとは大容量の積載物をまとめて排出することに便利なトラックです。その大容量から、大幅な作業の効率を上げてくれるのでさまざまな業界から使用されています。どの業界からも支持されているので、中古ダンプは特に人気の高いものだといえるでしょう。

意味からきた名前について

ダンプカーのダンプは、英語のダンプから意味を取って名付けられたものです。この名前の意味からもわかるように、ダンプカーは荷台に大量の積載物を乗せて荷台を傾斜させることで一気に下ろすことが可能です。

重さを知る

ダンプカーは大きく2つにわけると、普通ダンプトラックが公道を走ることのできるトラックです。重さは1tから10t程度になります一般公道は走れないのですが、ダムや鉱山で利用できる重ダンプは主に大きな工事での現場で使用されています。20tから300t以上のクラスです。

日本製の良さ

ダンプカーは日本国内にとどまらず、国外でも人気を集めています。それは海外製のダンプカーよりも日本製が優れているからです。燃費の良さを誇り、耐久性に支持を集めているのでアジア中心に日本製中古ダンプは高い人気を集めています。

専門を選ぶ

先程も説明したように、中古業界でのダンプの需要は高いものとなっています。そのため、せっかく需要の高いダンプカーを買取してもらうには、トラック等を専門としている業者を選ぶようにしましょう。

ダンプの魅力

ダンプカーは建設の現場で欠かせない存在です。さらに、日本製のダンプカーは海外からも高い評価を受けていて、人気が高いものとなっています。そのため、売る際にも高評価をもらうことが多いのです。

広告募集中